12月18日 Soul Night 開催

 

「 ハロウィン & カズ誕生祭 」 も 無事  終わり 

 

一段落 付いた  のか    と   思いきや 

 

12月 18日 (日)  イベント  開催 決定 

 

 

 

 ジェームス藤木  Soul Night In Desperado

 

 

 

 

ジェームス藤木

 

昭和49年)12月、舘ひろし・岩城滉一らとともに、原宿において、モーターサイクルチーム「クールス(COOLS)」を結成。1975年(昭和50年)4月13日、矢沢永吉率いる「キャロル」解散コンサートにおける親衛隊をつとめる。同年9月、チーム内の7名と藤木が薦めたベーシスト大久保喜市の8名で同名のロックンロールバンドとしてデビューした。

その後、5度にわたるメンバーチェンジを経て、現在も一貫して「クールス」のリードギター兼ボーカルとして活動している。その音楽センスはメンバーの中でも一番であり、多くのミュージシャンに楽曲を提供している。高護率いるソリッドレコードの『夢のアルバム』(1988年)に提供した楽曲『涙のサスピション』を、クールスのアルバムをプロデュースした近田春夫が「藤木の天才性」ということばで絶賛した。

また、意外に優しいメンバーが多い「クールス」の中で、最も不良性感度が高い人物であると言われている。クレイジーケンバンドの横山剣は、藤木から無理矢理飲まされた「闇カクテル」のトラウマで、以後、酒が飲めなくなったと語っている。

しかし表の顔のイメージとは裏腹に、メンバーの中でも一番の人格者であり、その作品の楽曲センスを見ても、うかがい知ることができる。

 

 

       超  楽しみ  

 

 

 詳細は  後日 また  UP  します

 

コメントをどうぞ